ALBAX

お問合せ / 資料請求お問合せ / 資料請求 モデルハウス見学来場予約
アルバックス 注文住宅・分譲住宅

木の素材感が落ち着くご主人のこだわりが溢れる家

知立市S様邸

家探しを始めたキッカケは?

ご主人

今住んでいる場所からすぐ近くにある賃貸の一戸建てに住んでいたんですが、建て付けが悪いし、冬は寒いし、虫は出るし…。子どもが生まれて、消費税も上がるということだったので、5%のうちに決めたいなと思って家を探し始めました。

奥様

以前の家は、アリや毛の生えた虫などいろんな虫が出たり、冬場は結露がすごくてカビが生えたり、早く引っ越したいという思いが強かったですね。

まずは何から始めましたか?

ご主人

まずは土地探しから始めました。私の体が大きい方なので、マンションや建売住宅ははじめから考えていなくて、自由設計の家と決めていました。当時は育児休暇中で、妻が仕事復帰したら電車通勤となるので駅から近いところが大前提で。私の職場はこの近くにあり、前から住んでいたこの地はとても便利が良かったので、近場で探していました。この土地を見つけるまで2年くらいかかりましたね。

アイシン開発に決めた理由は?

ご主人

土地がなかなか決まらなかったので、その間に家づくりの勉強も兼ねて、大府や岡崎、名古屋のハウジングセンターなど、かなりの数のハウスメーカーさんを回りましたね。土地が決まってからは、線路沿いの土地なので音の心配をしていましたが、アイシン開発さんの「Wサッシ」を知り、通常のペアガラスの2倍ということですごく遮音性が良いんじゃないかと思ったんですね。以前の家がとても寒かったので、W断熱にも興味がわきました。そして担当の寺川さんや上司の熊﨑さんなど、家づくりに対する私のこだわりをしっかりと聞いてくれる営業スタッフの方の姿に、信頼感といろんな要望にも対応してくれそうだなという印象を受け、決めました。

奥様

私は子どもが生まれたばかりだったので、ほぼ主人に任せていました。主人のこだわりが強いので、主人が納得できる家であればと。アイシン開発さんの見学へ行った日は、主人がうれしそうに報告してくれました。ただ、お金の心配はしていましたね(笑)。

家づくりの中でこだわったところは?

ご主人

全部です! 設計士の水野さんに要望をたくさん伝えて、対応してもらいました。玄関は広くスペースを取ってもらい、床はチーク材、天井も壁紙ではなくて木の素材を使ってもらったり、壁は一面だけエコカラットというタイルを張ってもらったり。エコカラットは調湿、ニオイ吸着などの効果があるので、友人を呼んで焼き肉や鍋をしても、翌日ほとんど匂いが気になりません。こだわりが多い分、費用がかさみましたが、少しでもコストを抑えるために、床や天井の木材のオイルやワックスは自分でかけました。もともと木が好きで、リビングのテーブルは木目が気に入って手に入れたものです。

奥様

リビングと寝室は豪華にしようと決めていました。リビングはテレビを壁掛けにして物をあまり置かないつくりにしています。寝室はホテルのようにゆったりとした空間にしました。
本当にこだわりがありすぎて、ひとつひとつの打ち合わせにとにかく時間がかかりましたね。素材にもこだわったので、設計士さんが素材を探すのに苦労されたのではないかなと思います。

住み心地はいかがですか?

奥様

すごく快適です。「Wサッシ」のおかげで冬場はほとんどエアコンをつけません。クーラーもすぐ効きますね。それと、太陽光発電も良いですね。売電収入が毎月1万円ほどあります。初期費用が高いので、お金が貯まってから設置しようか迷いましたが、はじめに設置して正解だったと思います。

お気に入りスペースは?

ご主人

やはり一番よく居るリビングですね。素材感ももちろんですが、広さにも満足しています。和室や玄関と繋がっているので、奥行きがあって閉塞感がないですね。それと、天井をできるだけ高くしてもらっているので、圧迫感もないです。

奥様

私はお風呂です。カタログを見せてもらったときに、富士山の絵がデザインされたものがあって「こんなのあるんだ~」と(笑)。実際に見てみたら「意外にいいじゃん」となり、このデザインに決めました。無地のものよりも良かったなと思っています。休日は、まだ明るいうちにお風呂に入るんですが、気持ちが良いですね。それと、ランドリースペースを脱衣所の隣に作ることで、洗面のスペースを広くとっています。どうしても時間が重なってしまう朝の洗面タイムに家族並んで使えるようになっています。

CONTACT お気軽にお問い合わせください